Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分ゼロを目指す・5つの取組み 

熊本愛護センターの取組みです

松崎さんは当時の所長と半年で
動物愛護推進委員を立ち上げたそうです。

目的は同じ、命を救いたい
松崎さんは、愛護団体にも協力を持ちかけられたそうです。
立ち上げ当初は意見が合わず大変な思いをされたようですが、
しかし意見は違えども根本は同じ思いなのだから、
否定をしない意見交換を始めたそうです。(ココとても見習うべきところと感じました)

このセンターでは、持込みしたからすぐ引き取るのではなく
その際に、まずは自身で新しい飼い主を探してもらう、しつけの面で問題があるのなら
しつけの方法をアドバイスする、トレーニングが必要であれば
トレーナーを紹介し自費で受講してもらう。それでもダメならば引き取るように
されているそうです。話を聞いてもらい親身にアドバイスいただくことで
考えを改める方も少なくないのでしょうね。
少しの接し方で、改善できることは本当にあるのですから。。。

他には成犬の譲渡にも力を入れ、社会化など力を入れている。
ただ、数を減らすために譲渡ではなく、終生飼育を目的としているからですね。
HPはとても工夫され、性格など細かに載っています。それぞれに名前が付けられ、大切に保護されているのを感じます。
これ行政のページとは思えないです。

その他に、迷子札運動、子供とのふれあいを通じ命の大切さを伝える活動と、他にも内容は盛りだくさんなのですが、
【動物愛護法35条 
 都道府県等は、犬又はねこの引取りをその所有者から求められたときは、
 これを引き取らな ければならない。】この改正を強く訴えておられました。
職員の皆さんが努力しても、間口が広ければ繰り返しになってしまいますもんね。

松崎さんのお話を聞いて引き込まれる方がとても多いと思います。
本当に参加して良かったと思いました。

今年が5年に1度の改正の年です!



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Yuki

Author:Yuki
♪♪♪♪♪♪


DOGSHIP crew

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。